DSCF5233s
■ クルドサック1(2020/05/04)LAOWA4mmF2.8 絞りF8 フジX-M1 1:1 撮影:中川昇
クルドサックと聞いて「ああクルドサックね」という人は尊敬します。私は初耳でした。
DSCF5245s
■ クルドサック2(2020/05/04)LAOWA4mmF2.8 絞りF8 フジX-M1 1:1 撮影:中川昇
クルドサックとはフランス語で、訳すと「袋小路」のことです。袋小路といえば太田裕美の曲を思い出すという人は仲間です。
DSCF5224s
■ クルドサック3(2020/05/04)LAOWA4mmF2.8 絞りF8 フジX-M1 1:1 撮影:中川昇
住宅地の中に道を通すと住人が危ない。かといって行き止まりにすると緊急車両などが困る。そこでわざと袋小路を作り、車道の代わりに遊歩道を充実させて、街の安全と安心と健康を確保している。この袋小路状の道路形状のことをクルドサックというそうです。
P1150253s
■今回の撮影機材:LAOWA4mmF2.8 フジX-M1 ※この組み合わせの重量:410g(バッテリー込実測値)
今回はこのクルドサックをLAOWA4mmF2.8(フジX用)と LAOWA7.5mmF2(MFT用)で撮影しました。ネットで調べたらたまプラーザの住宅地はクルドサックの名所だそうです。
_1410366s
■クルドサック4(2020/05/04) LAOWA7.5mmF2 絞りF11 パナGF7 撮影:中川昇
円周魚眼レンズの描写に慣れてしまうとLAOWA7.5mmF2が普通のレンズに見えてきます。
P1410417s
■クルドサック5(2020/05/04) LAOWA7.5mmF2 絞りF11 パナGF7 撮影:中川昇
場所はたまプラーザ北部の住宅地で計5か所を回りました。このカットだけカメラの設定がずれてしまい色がおかしくなりましたが、これはこれでいい感じです。
_1410327xs
■たまプラ遺産MAP(2020/05/04) LAOWA7.5mmF2 絞りF11 パナGF7 撮影:中川昇
そもそも今回「クルドサック」を巡回するきっかけはこのMAPです。今までこの前は何十回も通っていたのですが、歩道橋の真下の目立たない場所にあることもあり今まで完全に見逃していました。
_1410327xst1
■たまプラ遺産MAP(2020/05/04) LAOWA7.5mmF2 絞りF11 パナGF7 トリミング 撮影:中川昇
このMAPは散歩に同行した妻が偶然発見してくれて、さらにMAPの中に「クルドサック」という文字を見つけて「クルドサックって何だろう?」「よく見ると5か所あるようなので全部回ってみよう!」ということになり、今回の記事になりました。
DSCF4198xs
■100段階段プロジェクト(2020/05/04)KAMLAN50mmF1.1 絞りF11 フジX-T2 撮影:中川昇
この地図のお陰で地元の歴史の一部が良く分かりました。クルドサックの謎が解けて、クルドサックのお陰で街中を安心して散歩できる理由が分かりとても勉強になりました。
P1130648s
■今回の撮影機材:LAOWA7.5mmF2 ※カメラはパナGM1s
お散歩カメラとレンズのほぼ絶対条件は軽量・コンパクト。軽量・コンパクトは善です。上記の組み合わせだとボディ約170g+レンズ約170g=合計約340g(バッテリー・SDカード込実測で360g)という軽さです。中川常用のGF7+7.5/2=実測値で428gでした。個人的にはこの450g以下という重量が首からぶら下げて長時間歩いても苦にならないボーダーラインのような気がしています。

<中川昇の目線>
上でも書いた太田裕美の「袋小路」という歌は作詞:松任谷正隆・作曲:荒井由実(ユーミン)というゴールデンコンビによる超名曲です。その一節に「もしどちらかにひとつまみでもやさしさがあったなら袋小路をぬけだせたのに」という印象的な詞があります。この歌をレコードで聞くと不思議と気持ちが落ち着きます。レコード入手のエピソードはこちらから。
さて5/6で大型連休も終わりですが、緊急事態宣言の延長に伴い、中川も引き続き原則テレワークとなる予定です。何かとご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。