DSCF8835s
■ バス停と桜(2020/04/04) KAMLAN50mmF1.1 絞り開放 フジX-T2 撮影:中川昇
KAMLAN50mmF1.1によるご近所散歩作例です。わざとF1.1の開放にして背景のボケ方を見てみました。強烈な収差が目に飛び込んできます。これを個性とみられる方には面白いレンズです。
DSCF8727s
■ バス停と桜(2020/04/04)KAMLAN50mmF1.1 絞り開放 フジX-T2 撮影:中川昇
バス停シリーズです。これもまた大きな収差です。特にピントが合っているのが比較的近距離で、その背景が遠距離の場合に独特の収差が出やすいようです。ただ、後から写真を見返すと不思議と撮影時の気持ちが蘇りやすい気がします。背景に気を配っているせいかもしれません。
DSCF8691s
■ マンホールと桜(2020/04/04) KAMLAN50mmF1.1 絞り開放 フジX-T2 撮影:中川昇
このようにピントが合っているところが近距離の場合は周辺も程よい収差におさまります。
DSCF8694s
■ マンホールと桜(2020/04/04)KAMLAN50mmF1.1 絞り開放 フジX-T2 撮影:中川昇
マンホールもバリエーションが豊富なので「ご近所散歩撮影」の格好の被写体になります。
DSCF8744s
■ 水瓶と桜(2020/04/04) KAMLAN50mmF1.1 絞り開放 フジX-T2 撮影:中川昇
桜の季節は過ぎましたが、振り返るといいものです。
P1130760s
■今回の撮影機材:KAMLAN50mmF1.1 フジX-T2
背景のCDはテレワーク中に聞いている岡村孝子のCDです。特に「あの日の風景」を聞ききながら仕事をすると非常に集中出来ます。カメラの後方のアンテナはラジオですが、テレワークのお陰でラジオの良さにも気が付きました。最近はニッポン放送がお気に入りです。
P1120904xxs
■今回の撮影レンズ:KAMLAN50mmF1.1 フジX-pro2(作例はフジX-T2)

<中川昇の目線>
私も大ファンの岡村孝子の「あの日の風景」に出てくる歌詞に「一人でたどればあの日の風景がまぶた熱くする」というのがあります。今見ている風景もいつか「あの日の風景」になるはずです。毎日歩いていると馴染みのお店や家や建物がいつの間にか無くなっていることがよくあります。これからさらに増えるかもしれません。散歩していて私のようにカメラをぶら下げて何気ない風景を撮影している人はほとんどいません。逆に言うとそれだけ今の記録は後で貴重なものになる可能性があります。後で撮っておいて良かったとなるかもしれません。