DSCF8425s
■ 金星とプレアデス星団(2020/04/02)ミニボーグ50 マルチフラットナー1.08×DG【7108】フジX-T2 ISO12800 露出1.6秒 フィルムシミュレーション:S ミニ三脚併用 ノートリミング 撮影:中川昇
横浜の自宅の窓からミニ三脚と手摺を利用して撮影しました。双眼鏡でも十分に楽しめる見応えのある現象でした。明日はさらに接近するのでお勧めです。
DSCF8410s
■ 金星とプレアデス星団(2020/04/02)ミニボーグ50 マルチフラットナー1.08×DG【7108】フジX-T2 ISO12800 露出1/3秒 フィルムシミュレーション:V ミニ三脚併用 ノートリミング 撮影:中川昇
ミニボーグ50マルチフラットナー1.08×DG【7108】の相性が良く、適度に青滲みが残ってくれて味のある描写になりました。フジXシリーズの高感度のノイズの少なさもJPEG派には助かります。本格的に機材をセッティングするまでもなく半手持ち感覚で撮影できるメリットは大きいです。

<中川昇の目線>
ミニボーグ50マルチフラットナー1.08×DG【7108】の組み合わせは、焦点距離270mmF5.4という手頃な望遠レンズになります。テレワークの利点を生かして近所の桜も撮影してみましたが、こちらも味のある描写になりました。タイミングをみて掲載予定です。明日は金星とプレアデス星団はさらに接近します。風もおさまり天気も良さそうなので、ぜひお見逃しなく観察&撮影を楽しんでみてください。あっという間に時間が過ぎるほど夢中になれる興味深い楽しい美しい天文現象だと思います。私の45年を超える天文歴の中でも印象深いランデブーでした。