20200211_jyobitaki1_90FL_MultiFL_X-T10-2000 (002)
■ジョウビタキ1(オス) BORG90FL マルチフラットナー1.08×DG【7108】 フジX-T10  ISO200 1/180秒  メカシャッター  撮影:やまちゃん(神奈川県)
やや露出オーバーでしたので、RAWデータからマイナス補正して現像。フィルムシミュレーションモード:ASTIA 。その他はカワセミ画像と同じです。
20200211_jyobitaki2_90FL_MultiFL_X-T10-2000 (002)
■ジョウビタキ2(オス) BORG90FL マルチフラットナー1.08×DG【7108】 フジX-T10  ISO200  1/180秒  メカシャッター  撮影:やまちゃん(神奈川県)
ジョウビタキ1の画像を、長辺2000ピクセルで等倍切り出ししたものです。jpeg画像では破綻しかけていたものですが、RAWから現像する事で救い出したものです。しかし、白飛びしたものはいくらRAWでも描き出せません。やはり、適正露出での撮影が基本である事に変わりはありませんね。
20200211_kawasemi2_90FL_MultiFL_X-T10-2000 (002)
■ジョウビタキ2 (オス) BORG90FL マルチフラットナー1.08×DG【7108】 フジX-T10   ISO200  1/320秒  電子シャッター  撮影距離:7-8m  笠井トレーディング製高機能マイクロフォーカス接眼部  Leofoto323Cカーボン三脚  マンフロットMVH500AHビデオ雲台  撮影:やまちゃん(神奈川県)


<撮影者のコメント>
中川様。こんばんは。神奈川のやまちゃんです。この日は春のような天気の一日でした。今年は、本格的な冬が来る前に春がやって来るのでしょうか。さて、お約束のカワセミ画像をジョウビタキの画像と共に送ります。今回は、中川さんご推薦の富士フィルム製カメラでの画像です。普段、使っているマイクロフォーサーズ機のE-M10Mark2に比べ、センサーサイズが大きい事によるメリットでしょうか?色や露出のラチチュードが広く、画像に深みを感じます。気温の変化が激しくなっています。どうぞ、ご自愛下さいませ。

<中川昇の目線>
やまちゃんさん、投稿ありがとうございます。今回はフジのデジカメを使われたのですね。解像力もさることながら色の良さが魅力ですね。BORGの魅力のひとつは、以前も書きましたが、同じレンズで様々なメーカーのデジカメが使えることです。これはメーカーによって色や階調や解像度が変わるので表現の幅が広がるという側面とメーカーによって操作性も変わるので相性や気分が変わるという側面もあります。いずれにしてもBORGは全てマニュアル操作であることも含めて、撮影者の工夫の余地が多く残されているので、飽きずに長く楽しめる機材といえると思います。