207_20_22_43_56kcrTB (002)s
月面A(2020/02/07・22:43)笠井Alter7P QHY5III290C 撮影:山崎四明様(横浜市)
雲の中、A字形が浮かび上がりました。
207_20_22_43_56kcrTBLV (002)s
月面A(2020/02/07・22:43)笠井Alter7P QHY5III290C 撮影:山崎四明様(横浜市)
ほんのり光房Blogでも書かれていた「逆さ月面A」の説明も入っています。
207_20P0290 (002)s
月面A撮影中の機材と月暈 LAOWA4mmF2.8MFT パナGH5 撮影:山崎四明様(横浜市)
円周魚眼レンズがあると、その日の機材の様子や雲の様子が説明なしで一目で分かるのでとても便利です。

<撮影者のコメント>
中川さま。何時もお世話になりありがとうございます。生憎の曇り空になり綺麗な写真が撮れませんでしたが「月面A」を拡大写真で写してみました。画面は少し明るめにしてあります。A の横線がいまいちですが何とかみられるかなと思います。ほんのり光房Blogにありました「逆さA」がかなり綺麗にでています。空の様子も一緒に写し、全天写真で月暈が意外に大きいのがわかります。今回は天頂のためカサイのAlter 7Pでパソコン画面を見ながらの撮影にしましたので頸が痛くならずに済みました。 

<中川昇の目線>
私が月面Aの撮影時に寒さで外に出るのをためらっていたその時に、87歳の山崎さん(先日の横浜でのオリオン星雲バラ星雲も好評でした)はご自宅の観測所で撮影に励んでいらっしゃったのですね。見習わなくてはいけません。カワセミ撮影仲間の山本さんも月面Aにチャレンジしたとのことで、多くの方が雲の多い中、望遠鏡やカメラを月に向けたことと思います。同じ時間に同じ対象を見たり撮ったりするというのは、天体観測ならではの不思議な体験です。ただ、寒いので皆さん体調管理には十分ご注意下さい。私の世代(もうすぐ58歳)の友人知人でも体調を崩されたり、亡くなられたりする方が残念なことではあるのですが目立つようになりました。自分も含めて体が資本ですので、皆さん無理のない範囲で楽しみましょう。

来る2月27日~3月1日にかけて開催される「CP+」にて、プロの写真家先生の方々によるLAOWAセミナーを開催いたします。
【セミナー情報】
-------------------------------------------------------
日時     : 2020年2月27日(木)〜3月1日(日) 午前10時〜午後6時
         (初日のみ午後12時〜、最終日のみ〜午後5時まで)
場所     : パシフィコ横浜 展示ホール
ブース番号  : カメラ・アクセサリーゾーン G-45
交通アクセス : http://www.cpplus.jp/access/
URL     : http://www.cpplus.jp/

※フォトアクセサリーアウトレット
日時     : 2020年2月27日(木)〜3月1日(日)午前10時〜午後6時
         (最終日のみ 〜午後4時まで)
場所     : パシフィコ横浜 2F アネックスホール
-------------------------------------------------------