DSCF4012s
■ダイヤモンド富士(2020/02/09・17:03)BORG72FL(直焦点)絞りM57【7057】フジX-pro2 ISO200  1/5000秒 撮影地:キャロットタワー(三軒茶屋) 撮影:中川昇 
絶好のダイヤモンド富士日和でしたので、カワセミ撮影の帰りに寄ってみました。展望台のガラス越しなので写りが悪いのはご容赦ください。全てノートリミング。カメラの設定は基本カワセミ撮影時と同じです。
DSCF4061xxs
■ダイヤモンド富士(2020/02/09・17:04)BORG72FL(直焦点)絞りM57【7057】フジX-pro2 ISO200  1/4000秒 撮影地:キャロットタワー(三軒茶屋) 撮影:中川昇
僅かに中心を外れましたが、お陰で「コロコロ富士」が見られました。天体望遠鏡の2枚玉の直焦点なのでゴーストやフレアは最小限で済みます。
DSCF4110xxs
■ダイヤモンド富士(2020/02/09・17:06)BORG72FL(直焦点)絞りM57【7057】フジX-pro2 ISO200  1/3200秒 撮影地:キャロットタワー(三軒茶屋) 撮影:中川昇
展望台はダイヤモンド富士目当ての人々でほぼ満員でした。
DSCF4167xxs
■ダイヤモンド富士(2020/02/09・17:06)BORG72FL(直焦点)絞りM57【7057】フジX-pro2 ISO200  1/3200秒 撮影地:キャロットタワー(三軒茶屋) 撮影:中川昇
山頂には雪煙が赤く染まっているのが見えます。今回絞りM57【7057】を併用しましたが、これが光量調節とフレアカットに非常に役に立ちました。EVFを見ながら調節できるのでその時間のベストの露出での撮影が可能になります。
DSCF4221xxs
■ダイヤモンド富士(2020/02/09・17:06)BORG72FL(直焦点)絞りM57【7057】フジX-pro2 ISO200  1/3200秒 撮影地:キャロットタワー(三軒茶屋) 撮影:中川昇
富士山の裾野の影がそのまま空に投影されています。
DSCF4247xxs
■ダイヤモンド富士(2020/02/09・17:07)BORG72FL(直焦点)絞りM57【7057】フジX-pro2 ISO200  1/4000秒 撮影地:キャロットタワー(三軒茶屋) 撮影:中川昇
太陽が沈む直前に「グリーンフラッシュ」のような緑色が写りました。
DSCF4275xxs
■ダイヤモンド富士(2020/02/09・17:08)BORG72FL(直焦点)絞りM57【7057】フジX-pro2 ISO200  1/1600秒 撮影地:キャロットタワー(三軒茶屋) 撮影:中川昇
太陽が完全に隠れた後の光景です。この斜めの光が大変きれいでした。富士山のすぐ北側に沈む時だけに見える現象だと思います。

<中川昇の目線>
久しぶりにダイヤモンド富士を楽しみました。とても面白かったので今後もハマりそうです。2/11(祝)の夕方にもチャンスがあります。今日は昼間はカワセミとジョウビタキの撮影。夕方はダイヤモンド富士。その後、水星がとても良く見えました。さらに美しい満月も昇ってきてハッピーな1日でした。

【ダイヤモンド富士の撮影上の注意点】
超低空で減光しているとはいえ、ファインダー越しに太陽を直接覗くと眼を痛める(特に一眼レフ)ことがあります。また、ミラーレス一眼の場合はセンサーを焼いてしまうこともあります。長時間の観察や撮影は絶対に避けて下さい。安全のためにNDフィルターの併用や絞りの併用(通常天体望遠鏡には絞りがありませんが、BORGは外付けの絞り【7057】【7075】があるので非常に有利です)を推奨いたします。