_1300063xxs
BORG107FL天体鏡筒セットCR【6207】AZ-ZERO経緯台の組み合わせ例
スコープテックとサイトロンジャパンのコラボで登場した高剛性経緯台。それが「AZ-ZERO経緯台」です。まずはカッコイイ。BORG107FLともベストマッチングです。3月発売予定。予約受付中
_1300060st
■ BORG107FL天体鏡筒セットCR【6207】AZ-ZERO経緯台の組み合わせ例
そして頑丈。使いやすい。剛性が非常に高い。BORG107FLを載せてもビクともしません。只今、シュミット店頭にて展示中。写真のサイトロンのカーボン三脚との相性が抜群。
DSC_4893ss
AZ-ZERO経緯台 3月発売予定。予約受付中
サイトロンジャパンオリジナル ユニバーサルシステムマウントです。このようにコンパクトに収納出来ることも本製品の特徴のひとつです。搭載重量7㎏。
az_zero_ls
AZ-ZERO経緯台 3月発売予定。予約受付中
本体重量1.5㎏。上下方向のアームの角度が調整できます。
_MG_5026
AZ-ZERO経緯台 3月発売予定。予約受付中
鏡筒の取り付け部はビクセン規格のアリミゾ。微動ハンドル別売。三脚の取り付けネジは3/8インチ。

<中川昇の目線>
このAZ-ZEROという経緯台はサイトロンジャパンとスコープテックさんとのコラボ商品です。実はスコープテックさんとは個人的にかなり前からカワセミ撮影を通じて不思議な縁がありました。私がフィールドとしている川にN川(中川ではありません)という支流があり、そこで毎週のようにカワセミを撮影していた時期がありました。夕方まで撮影していると、川の横の農道にたまに天体望遠鏡の集団を見ることがありました。天体観望会を開催していたのです。その観望会の運営に関わっていたのがスコープテックさんだったのです。
スコープテックさんは、特に天体入門機に強く、天体観測用機材に何が求められているかを良く理解されている企業ですので、本製品もポイントをしっかり押さえた考え抜かれた製品に仕上がっています。只今、シュミット店頭にて絶賛展示中ですので、ぜひご来店ください。2/22(土)は隣の中井駅で素敵なイベントも開催中。