SCT-53_01
サイトロン カーボン三脚 SCT-53/AD-SW set 
三脚重量2140gの軽量設計。40/36㎜径のカーボンパイプによる二段構造を採用。また、開脚角度を通常の写真用三脚より大きくとることで、安定性に優れます。縮長は545mmですので、航空機内への持ち込みも可能。普段の天体観望、天体撮影はもちろん、海外遠征にも最適です。
DSC_4639
サイトロン カーボン三脚 SCT-53/AD-SW set 
三脚のそれぞれの開脚角度はワンタッチで三段階に変更が可能。赤道儀と望遠鏡搭載時の安定性を考慮し、通常使用時にも一般の撮影用三脚に比べて大きめの開脚角度になっています。最開脚時の全高は約15㎝(カメラアダプター含め)と非常に低く、マクロ撮影などのローアングル撮影にも対応可能です。
全高:約140mm~約830mm最大積載荷重:30kg開脚調整機構付
SCT-53_04
サイトロン カーボン三脚 SCT-53/AD-SW set 
三脚上部のアダプターを交換することにより、一般のカメラ用雲台や他社製赤道儀にも対応可能です。付属のアダプターはSkyWatcherのEQ5,EQ3,EQM35やビクセン社の旧SP,GP,GPDシリーズなどに対応します。水準器が装備されています。
SCT-53_08
サイトロン カーボン三脚 SCT-53/AD-SW set 組み合わせ例
搭載例:Sky-Watcher EQM35Pro赤道儀。安定感と軽量化を両立させています。
SCT-53_07
サイトロン カーボン三脚 SCT-53/AD-SW set の付属品
付属の赤道儀アダプターSkyWatcher EQ5・EQ3・EQM35ビクセン製の旧SP・GP・GPDシリーズなどに対応。また、一般的なU1/4ネジ(カメラネジ)対応アダプターも付属しますので、赤道儀用としてだけでなく、一般撮影用の三脚としてもご使用いただけます。アダプター重量:SW-EQアダプター:450g/カメラアダプター:187g
sct53_11
サイトロン カーボン三脚 SCT-53/AD-SW set の付属品
カメラ雲台アダプター。1/4、3/8インチネジが付属します。カーボン三脚の上に一般のカメラ雲台を装着することが出来ます。
sct53_09
サイトロン カーボン三脚 SCT-53/AD-SW set の三脚
・40/36㎜径(パイプ径1段目:40mm、2段目:36mm)11層カーボンパイプを採用。軽量ながら安定した撮影を可能。
天体撮影用のステンレス製石突と一般撮影用のゴム製石突が標準付属。使用目的に合わせて石突交換可能
SCT-53_10
サイトロン カーボン三脚 SCT-53/AD-SW set の付属品
主な航空会社の機内持込制限内に収まる縮長約55㎝。手荷として機内に持ち込むことで、貨物室への預け入れによるカーボンの破損などの事故を防ぐことができます。
<付属品>
アルミ石突●ゴム石突●SW-EQ用アダプター●カメラ雲台アダプター(1/4、3/8インチネジ付)●水準器●ソフトケース※SW-EQアダプター:EQ3、EQ5、EQM35、AZ-EQ5GT、ビクセン旧GP、GPD2(接合部直径60mm)に対応

<中川昇の目線>
最近、このカーボン三脚が急に売れ出しました。その訳は「この三脚の良い所が市場に伝わり出したため」だと思います。それはメーカー発というよりもご購入されたユーザー様発の情報発信によるものだと思います。というわけで本ブログでも改めてご紹介してみました。カーボンなので軽いのは当然として、私が感じたメリットとしては「極めて汎用性が高い」ということです。様々な赤道儀に装着出来る。カメラの雲台も使える。開脚角度も調整できる。ローアングルも使える。石突も2種類交換式。太い。軽い。丈夫。というわけで私が思っていたよりもはるかに良い製品でした。特に海外遠征には必需品かと思います。皆既日食機材の荷作りも持ち運びもグーンと楽になります。


P.S. 今日8/8(木)は待望の月面Xの日です。夕方明るいうちから見え出します。今日は早めに帰宅するか職場に望遠鏡を持ち込んでみるか、いずれにしてもお見逃しなくご覧いただければと思います。

P.S.2  再度夏期休業のご案内です。シュミットの夏季休業は8月11日(日)~19日(月)です。ご注意ください。BORG製品も在庫そこそこあります。こちらから