s_PKP_8385
■家庭菜園1(2019/07)LAOWA60mmF2.8マクロ 絞り開放 ペンタックスKP 手持ち 撮影:中川昇
ペンタックスKPLAOWA60mmF2.8マクロの作例第二弾(第一弾はこちら)です。我が家のささやかなベランダで妻が育てているトマトを写しました。まれに見る天候不順にもかかわらず上手に育てているらしく毎日収穫しては食卓に並べてくれます。ペンタックスKPのフォーカスエイドの効きと精度は非常に良く、音とマークで迅速にピントを知らせてくれます。もちろんLAOWA60mmF2.8マクロがシャープなことも貢献しています。
s_PKP_8380
■家庭菜園2(2019/07)LAOWA60mmF2.8マクロ 絞り開放 ペンタックスKP 手持ち 撮影:中川昇
ピントが合っているところがシャープだとボケもきれいになり、被写体が浮かび上がります。先日も書きましたペンタックスKPLAOWA60mmF2.8マクロの相性が良く、自分の腕が上がった気になるので気持ちよく撮影が出来ます。
s_PKP_8374
■家庭菜園3(2019/07)LAOWA60mmF2.8マクロ 絞り開放 ペンタックスKP 手持ち 撮影:中川昇
きゅうりも曲がらずにうまく育てています。愛情がこもっているのでしょう。スーパーで買わずに自給自足出来ています。
s_PKP_8402
■家庭菜園4(2019/07)LAOWA60mmF2.8マクロ 絞り開放 ペンタックスKP 手持ち 撮影:中川昇
ペンタックスKPLAOWA60mmF2.8マクロのコンビの良いところのひとつは食べ物がおいしそうに写ること。ピーマンも収穫出来ています。
s_PKP_8423
■カレー屋さんAKBAR(2019/07)LAOWA60mmF2.8マクロ 絞り開放 ペンタックスKP 手持ち 撮影:中川昇
地元の有名なカレー屋さんです。いい雰囲気で写りました。
s_PKP_8383
■奈良絵のカップ(2019/07)LAOWA60mmF2.8マクロ 絞り開放 ペンタックスKP 手持ち 撮影:中川昇
奈良絵という絵を赤膚焼きで仕上げています。家でコーヒーを飲むときはこれに限ります。味の深みが違います。
s_P5970982
ペンタックスKPLAOWA60mmF2.8マクロ 
シュミットではペンタックス製品(リコーイメージング)の取扱い開始しました。ただし、シュミットで展示中のペンタックスKPの展示期間はあとわずかです。LAOWA60mmF2.8マクロによる作例はこちらから。
LAOWA2019_cashback_07_300×250_fin
■LAOWAキャッシュバックキャンペーン8/1~8/31
今回ご紹介したLAOWA60mmF2.8マクロキャッシュバック¥5,000の対象品です。このレンズを推奨するのには他にも理由があります。このレンズには貴重な「ペンタックスKマウント」があるのです。というのも最近発売されたLAOWA100mmF2.8マクロレンズには残念ながらペンタックスKマウントがラインナップされていないのです。ということは、このLAOWA60mmF2.8マクロは市場唯一の実に貴重な2倍マクロレンズなのです。その点も大きな選択ポイントになるかと思います。

P.S.  「天気の子」聖地・代々木会館の解体始まる。「傷だらけの天使」にも登場。という記事を見つけました。これは先日、本ブログで書いた「傷だらけの天使ビル」のことですが、何と公開中のアニメ映画「天気の子」にも登場しているそうです。また撮影をしてみたいと思いました。
P.S.2  昨日アップした「
中川昇の8月のおすすめ天文現象」の記事に新しい情報を追加をしました。今後も追加更新する予定です。