s__1120223
■南長崎(2019/07)パナGF7+LAOWA7.5mmF2 絞りF8~11 撮影:中川昇
会社からお昼休みに歩いて食べに行く途中の住宅街の様子です。会社から徒歩10~15分圏内だけでも360度の範囲全てがお散歩コースと言えるほど変化に富んだ地域です。
s__1120232
■南長崎(2019/07)パナGF7+LAOWA7.5mmF2 絞りF8~11 撮影:中川昇
ここは以前にもご紹介したトキワ荘のヒーロー達の記念碑がある公園です。現在トキワ荘の復元がこの奥で行われています。
s__1120235
■南長崎ニコニコ商店街(2019/07)パナGF7+LAOWA7.5mmF2 絞りF8~11 撮影:中川昇
南長崎ニコニコ商店街です。この商店街には安くておいしい飲食店が点在しており、毎昼休みに一軒一軒訪ねる小さな旅は日々の楽しみのひとつです。
s__1120238
■南長崎とんかつ屋(2019/07)パナGF7+LAOWA7.5mmF2 絞りF5.6 撮影:中川昇
南長崎にある中川お気に入りのとんかつ屋さんです。超安いです。周辺には中華屋さん、お蕎麦屋さん、ラーメン屋さんなど飲食店がありますが、共通の問題は後継者問題です。多くのお店が高齢者の方が経営されています。
s__1120418
■西武線東長崎駅(2019/07)パナGF7+LAOWA7.5mmF2 絞りF8~11 撮影:中川昇
この線路の両側に商店街、飲食店、公園などが点在しています。ミザールさんも近いです。
s__1120435
■岩崎家(南長崎4丁目)(2019/07)パナGF7+LAOWA7.5mmF2 絞りF8~11 撮影:中川昇
南長崎にある江戸後期の様式の大きな建物です。立派な屋敷林もあります。超広角レンズでようやく全景が入るほどの大きさです。

<中川昇の目線>
今日は長文です。私が超広角レンズによる撮影を始めてから早8か月が経ちました。最初は業務上の必要から使っていた面がありましたが、いざ撮影してみるとその魅力にすっかりはまってしまいました。それまではBORGによる超望遠撮影をメインにしていたので、超望遠レンズから超広角レンズへと画角的には極端から極端への変更でしたが、どちらにもメリット、デメリットがあることが良く分かりました。
超広角レンズでの散歩撮影を通して一番感じたことは「街の変化の速さ」です。先週まであった家や建物が解体されている、空き地になっていることはしょっちゅうです。「あれ?ここ前は何があったっけ?」となりますが後の祭り。「記憶にございません」。
「今住んでいる街の周囲や今働いている職場の周囲の記録をする」「何の役に立つのか今は分からなくても将来役に立つかもしれない風景や生活を記録する」これらは「今のあなたしか出来ないことをやる」という人生のミッションにもつながります。「あなた目線の今のタイミングでの撮影はあなたにしか出来ない」のです。これは非常に重要なポイントだと思います。
超広角レンズ撮影の隠れたメリットですが、「例え人物が写っても、とても小さく写るので撮影時にあまり気を使わないで済む」「散歩が楽しくなる。気が付いたら1日1万歩は歩いている」「地図を見なくなる。迷子になることを幸運と思える」「方角感覚が身に付く」「太陽や星を利用する癖がつく」「毎回新しい発見があり脳が活性化する」「他の人は気が付いていない、自分だけが気が付いている風景を見つけると優越感(自己満足?)に浸れる」などなど自分には思わぬ副産物がありました。これも重要なポイントです。
欲張りすぎかもしれませんが「二兎を追う者だけが二兎を得る」「経験の数だけ人生が豊かになる」というある人の言葉からすると、超広角レンズによる撮影はレンズを手に入れる前には分からない思わぬ良いことがもれなくついてくる「幸運を呼ぶレンズ」と言えるかもしれません。そしてそれらが未来につながり思わぬ価値を生み出してくれるのかもしれません。
75mmF2MFTLWV03_R
軽量バージョンのLAOWA7.5mmF2(サイトロンジャパン直営店限定)
その「幸運を呼ぶレンズ」のひとつ、LAOWA7.5mmF2ですが人気があり現在品切れ中です。唯一即納なのがサイトロンジャパン直営店限定の軽量バージョンのLAOWA7.5mmF2です。ノーマルよりも軽量ですが光学系は同じです。現在シルバーのみ即納です。マイクロフォーサーズのボディをお持ちの方は検討する価値のあるレンズです。軽量バージョンといってもわずか25gしか変わらないのですが、実際に私が軽量バージョンを数週間使った後にノーマルバージョンを使ったら明らかに重く感じました。散歩用の機材は少しでも軽いことも重要です。これはボディにも言えます。
LAOWA2019_cashback_07_300×250_fin
■LAOWAキャッシュバックキャンペーン8/1~8/31
LAOWA7.5mmF2は対象になっていませんが、9mmF2.812mmF2.815mmF215mmF410-18mmズームの計5種類の超広角レンズが対象になっています。お持ちのカメラに合った最適な超広角レンズを選んで(2020東京オリンピックまで1年を切った)このタイミングで入手されることをお勧め致します。夏休みの撮影テーマもこれで決まりです。

P.S. 再度夏季休業のご案内です。シュミット及びショールームの夏季休業は8月11日(日)~19日(月)となります。お早目のご注文をご検討いただければ幸いです。