ロゴ_10th
●イベント名:フォトグラファーズ&フォトビジネスフェア「PHOTONEXT 2019」
●日時:2019年6月18日(火)10時~18時、6月19日(水)10時~17時
●場所:パシフィコ横浜 A・Bホール
●入場:無料(名刺持参か入場受付表票に記入するだけ)
●内容:カメラレンズLAOWAKAMLANの展示・説明・販売
●展示ブース:各ブースのレイアウトはこちら(サイトロンジャパンは右の中あたり)
●アウトレットコーナー:お買い得品を多数販売します。
●セミナー:多くのセミナー(有料・無料)が開催されます。詳細はこちらから。
横浜の名所案内はこちらからLAOWAKAMLANを購入したらすぐに撮影しよう。
●スタッフ情報:弊社の中川・近の迷コンビが初日の6月18日(火)に応援予定!

PHOTONEXTの見所>
CP+と比べると地味な印象のPHOTONEXTですが、CP+にはない良い点もあります。
●基本ビジネスショーなので、CP+ほど混まない。ザワザワした場所は苦手という方は、PHOTONEXTなら落ち着いてみることが出来ると思います。
●CP+では見られないプロ商材の展示やセミナーが充実。フォトグラファー、写真館、写真店、ブライダル関係が集まる日本で唯一のフォトイベント。こんなものがあるとは知らなかった!来てよかった!と思われるはず。
●アウトレットコーナーがさらに充実。その場で説明。その場で購入。すぐに横浜の街に繰り出せる。
LAOWAKAMLANブースでは国内未発売の新製品のレンズが見られるかも?
s_DSCF3606
■2019/06/16の月と木星 フジX-T2+KAMLAN21mmF1.8開放 ISO12800 手持ち1/15秒 撮影:中川昇
昨日の月と木星は本当にきれいでした。「吸い込まれるような美しさ」「息を飲む光景」とはこのことです。下方の光は公園のショウブ園の木道が月明かりで光っている光景です。三脚は使えないので手持ちで撮影しました。F1.8の明るさとフジの高感度の強さのお陰で撮れたカットです。KAMLAN21mmF1.8は逆光特性も良く、満月の光ではゴーストはほぼ皆無でした。

P.S. 今日の満月はストロベリームーン(6月はイチゴの収穫期ということから)だそうです。南中高度が低く地上の景色を同時に写しやすい時期でもあります。また、夕方東の空に昇る月もいいですが、朝方の西に沈む月も見事ですよ。そういえば、今朝電車の中から雪化粧した富士山がくっきりと見えました。富士山と満月も絵になる組み合わせです。※追加情報:ストロベリームーンの見事な写真はこちらから。「ストロベリームーン」はネットのキーワードとしても上位を占めています。

P.S.2 忘れていましたが、夕方の西の空でもう一つの接近があります。水星と火星の大接近です。水星を見る良いチャンスです。今日は全国的に晴れそうです。

P.S.3 またまたアポロ11号の話題です。月面着陸の未公開70mmフィルム発掘、4Kリマスターで7月から上映という嬉しいニュースです。70mmフィルムというといわゆるフルサイズが35mmですから、フィルムの幅だけで2倍です。となるといかに高画質なのか期待したいところです。しかも科学館・博物館独占で順次公開とのことです。これは夏休みということもあり相当混みそうです。

P.S.4  さらに追加情報です。今日の月ですが夕方17時31分に満月になり、その後欠け始めます。その際に秤動の関係で欠けている側の地形がいつもより相当見やすくなっています。なので今日は普段は見にくいスミス海縁の海危難の海が良く見えます。ただの満月ではありません。ぜひ注目してみてください。
P6170011xxst1
■満月(2019/06/17)BORG67FL+オリンパスE-PL1ボデー 手持ち 撮影:中川昇※上を北に表示
再々々追加情報です。今日の満月です。22時過ぎにようやく雲が取れました。ほぼ欠けているところが無い本当の満月に近い状態ですが、予想通り月の東側(画面右側)の地形が良く見えています。これから朝にかけてスミス海縁の海危難の海フンボルト海や南の海などが良く見えます。貴重な晴れ間でもあるので時間と体力のある方は遅くまで注目してみてください。月の撮影をすると気持ちがスッキリします。不思議な感じです。明日も晴れれば危難の海や東側火口列(ペタビウスラングレヌス)がいつもより良く見えるはずです。