2019-05-26-1748_9-L-Jup

■木星 2019/5/27 02:48JST頃 EdgeHD 800 + TV x4 + ZWO ADC + ASI385MC 5000フレーム 25%スタック CGEM赤道儀 撮影地:東京都江戸川区 撮影者:根本泰人様
<撮影者のコメント>
昨晩の木星です。私的には今期で一番シーイングが良かったのですが、速い流れの川底を見ているような感じで、時々ピントもぼけるような気流でした。高度が低いので今年の木星、土星は辛いです。模様のはあぶり出しは控えめです。

M27 ISO6400 30sec 75Fr. 36m

■M27 2019/5/25 EdgeHD800 + QBPフィルター + D5500 (HKIR改造) ISO 6400 30sec 75fr. 総露出時間約36分 Skywatcher EVO50ED + QHY-5LIIM ステラショット自動ガイド CGEM赤道儀 撮影地:東京都江戸川区 撮影者:根本泰人様
<撮影者のコメント>
M27はQBPフィルターの面目躍如といったところでしょうか。従来の光害対策フィルターを使用した時より良く写りますね。今回はガイドが安定せずスタック時に跳ねられたコマが多すぎて総露出時間が短いのですが、それでも外郭部が写り始めていて驚きました。次回はこの3倍程度の露出時間が目標です。

M13 ISO6400 30sec. 80Fr. 38m17s

■M13 2019/5/25 EdgeHD 800 + LPR-Nフィルター+ D5500 (HKIR改造) ISO 6400 30sec 80fr. 総露出時間約38分 Skywatcher EVO50ED + QHY-5LIIM PHD2自動ガイド CGEM赤道儀 撮影地:東京都江戸川区 撮影者:根本泰人様
<撮影者のコメント>
以前お送りした画像と違って、これは光害対策フィルターLPR-Nを使用して撮影してみました。QBPフィルターよりカットされる帯域が少ないので、球状星団の色味が残りますね。こうした対象には都会でLPR-Nフィルターも良いかと。なお撮影コマ数と総露出時間が微妙にずれているのは、1コマあたりの実際の露出時間がわずかに短いためです。露出ディレイ撮影を設定しているので、ミラーアップして1秒後くらいにシャッターが切れますので。
<撮影者の総合コメント>
中川 様、根本です。このところ晴れが続いて、ようやくシーイングが良いタイミングにも出会えました。機材の調整がうまくいかず、予定したコマ数の撮影ができていないのですが、とりあえず3点送りします。
<中川コメント>
根本さん、待ってました!このところの好天で待望の根本さん作品です。ありがとうございます。木星は大赤斑周辺が面白いことになっていますね。M27は都内でのQBPフィルターの作例の見本のような作品です。次回の3倍露出の作品も早く見たいところです。M13は前回も投稿いただきましたが、フィルターを変えての撮影なので比較がしやすく、とても参考になります。根本さんは豊富な機材を豊富な知識と豊富な経験でうまく使い分けておられるので、多くの方の参考になります。本当にありがたいことです。これからも期待しております。

s_P5960437
■日暈 2019/05/27 13時過ぎ パナGM1S+KAMLAN魚眼7.5mmF3.2 撮影地:会社(新宿区西落合)
読み方はニチウンともヒガサとも読むそうです。私の方は、まだ天体写真が撮れるほどには体調が戻っていないので、主に昼間担当となっております。最近、暑さのせいか日暈が見られる機会が多くなっています。今日の昼食帰りにも見えましたので、会社から魚眼でパチリしました。
s_P5960446S
■日暈 2019/05/27 13時過ぎ パナGM1S+KAMLAN魚眼7.5mmF3.2 撮影地:会社(新宿区西落合)
日暈は非常に大きな現象なので、全体像を捉えるには魚眼レンズがベストだと思います。前景を工夫すれば絵になる上に貴重な気象現象の記録写真が完成します。ゴーストも少なくこれが2万円台で買えるとは時代も変わりました。明日から天気が下り坂なので日暈を撮るチャンスが増すかも?変化が激しいので追いかける価値がある気象現象だと思います。