s_DSCF2715
■静岡新聞・静岡放送東京支社ビル(2019/05/06)フジX-M1KAMLAN8mmF3.0 撮影:中川昇
新橋駅に近い銀座8丁目にあるビルで、あの有名な丹下健三氏の設計によるものとして知られています。この建物の魅力を紹介したサイトはこちら。これを見ると今見るべき名建築が、まだまだ沢山あることが分かります。
s_DSCF2859
■静岡新聞・静岡放送東京支社ビル(2019/05/06)フジX-M1KAMLAN8mmF3.0 撮影:中川昇
別角度から見たものですが、つくづく変わったビルです。新橋と銀座の境界線に建っています。
s_DSCF2748
■電通付近のビル群(2019/05/06)フジX-M1KAMLAN8mmF3.0 撮影:中川昇
歩道橋の上からの撮影です。左のガラス越しに、先日ご紹介した中銀カプセルタワービルが写っています。中央奥が電通のビル群になります。魚眼レンズのお陰で撮影時には気が付かなかったものが沢山写りこんでいます。
s_DSCF2790
■汐留アネックスビル付近(2019/05/06)フジX-M1KAMLAN8mmF3.0 撮影:中川昇
真ん中の超鋭角なビルが汐留アネックスビルです。肉眼でみてもインパクトがありますが、魚眼で撮ると三角ビルの現代版という感じで他に類を見ないスタイルです。
s_DSCF2793
■汐留アネックスビル付近(2019/05/06)フジX-M1KAMLAN8mmF3.0 撮影:中川昇
折れそうなほど歪んで写っている汐留アネックスビルの右が電通四季劇場、電通本社ビルになります。
s_DSCF2841
■電通付近のビル群(2019/05/06)フジX-M1KAMLAN8mmF3.0 撮影:中川昇
この辺はなぜか興味深いビルが集中しています。よく見ると中央やや右下にドーム状の建物も見えます。
s_DSCF2867
■新橋駅のレンガ高架橋 フジX-M1KAMLAN8mmF3.0 撮影:中川昇
最寄り駅の新橋駅は被写体の宝庫です。明治時代の古いレンガをあちこちに見ることが出来ます。KAMLANの魚眼レンズはマイクロフォーサーズ用(7.5mmF3.2)もあります。光学系は8mmF3.0とは違うものですが、試しに使ってみたら予想以上に良く写りました。こちらも作例が揃い次第掲載予定です。

P.S. シュミット開店12周年セールの予告です。5月18日(土)スタートです。今回は展示品、ジャンク品、掘り出し物などをたくさんご用意するとのことです。私も今日で入社半年になりましたが、BORG時代に秋葉原・宮崎店長時代のシュミットのセールの店頭販売のお手伝いをしたことを思い出しました。その時も結構売れました。その時の写真も探せばあるかもしれません。