s__1070760
■あざみ野駅の桜のモニュメント(2019/03/30) パナGF7+LAOWA7.5mmF2 撮影:中川昇
あざみ野駅前のエトモあざみ野という商業施設のオープン記念で、プラントハンターの西畠清順さん(そら植物園代表)がプロデュースした長野県筑北村から切り出してきた啓翁桜(けいおうさくら)を、そら植物園の開花調整技術で満開の状態で3/31まで展示されています。

s__1070671
■あざみ野駅の桜のモニュメント(2019/03/30) パナGF7+LAOWA7.5mmF2 撮影:中川昇
桜の展示場所は2か所ですが、上の写真の場所は田園都市線(画面左)と市営地下鉄線(画面右)の中間です。もう1か所はケンタッキーのお店の前にあります。

s__1070646
■あざみ野駅の桜のモニュメント(2019/03/30) パナGF7+LAOWA7.5mmF2 撮影:中川昇
桜は超広角レンズが必要なほど広がっています。この桜をプロデュースした「そら植物園代表」の西畠清順さんは「植物界の革命児」と呼ばれるほど有名な方で、植物の魅力をいかに上手に伝えるかに長けています。なかなか魅力的な人物です。

s__1070746
■あざみ野駅の桜のモニュメント(2019/03/30) パナGF7+LAOWA7.5mmF2 撮影:中川昇
桜の生命力を感じます。3/31(日)までの展示なので、お近くの方はぜひご覧になってみてください。

s__1070657
■あざみ野駅の桜のモニュメント(2019/03/30) パナGF7+LAOWA7.5mmF2 撮影:中川昇
横浜の名所案内はこちらから。あざみ野駅の隣のたまプラーザ駅前の桜も満開です。

P.S. 植物といえば、昨日放送されたNHKBSの「神様の木に出会う~巨樹と生きる人々~」は面白かったです。特に樹齢800年の熊本のクスノキの話が興味をひきました。95歳の杉本さんというおばあちゃんが通うクスノキ。生命力の源。クスノキに触れると元気が蘇る。特に根っこが凄い。口では表せられない魅力。番組の中で、おばあちゃんにとってクスノキとはどういう存在か?と問われて「競争相手。」と答えたおばあちゃん。木に合うたびに「このクスノキに負けてなるか!」と思うそうです。星にも癒されますが、植物からもパワーをもらえます。LAOWAを手にパワーをもらいに出かけましょう!

P.S.2 追加情報です。関東では3/31の天候の回復が遅れていますが、午後からは晴れそうです。私の都内の桜のおすすめは目黒川恩田川です。どちらも川の両側から桜が枝垂れて実に絵になる光景が展開されます。どちらも人気のスポットなので混雑は覚悟が必要ですが、それだけの価値はあると思います。