s_ISO4000 30sec. 165Fr. 1h22m48s LDFFDB 1200x1800 NEMOTO
いっかくじゅう座のクリスマスツリー星雲とコーン星雲の領域 撮影者:根本泰人様

2019/1/11 Skywathcer Espri 100ED Pro Quintuplet (f=500mm F5) + QBPフィルター + EOS6D (HKIR) ISO4000 30sec. 165Fr. 約1時間23分 ダーク、フラット、フラットダーク、バイアス適用 D=60 f=240mmガイド鏡 QHY-5LII ステラショット ディザリングマルチスターガイド GPD赤道儀(Synsan改) 

 <撮影者のコメント>
添付の写真はいっかくじゅう座のクリスマスツリー星雲とコーン星雲の領域です。もちろんQBPフィルターを使用して都内は江戸川区小岩にて撮影しました。実は1月11日に撮影したもので、画像処理をし忘れていました。3月8日にもコーン星雲を撮ってみたのですが、PM2.5のせいか花粉のせいか、画像がうまく浮かび上がりませんでした。東京でも空の透明度は重要ですね。

 構図は北が上です。画面中央のクリスマスツリー星雲とその下の円錐形のコーン星雲の領域がNGC2264、さらにその上の領域までまとめたものがSh2-273、画面右上の散開星団がNGC2259、コーン星雲の右下にハッブルの変光星雲(NGC2261)など、このあたりはおもしろいですね。 

さて、散光星雲の季節は終わりなので、今度はQBPフィルターで春の小宇宙をどの程度撮影できるか挑戦してみます。

<中川コメント>
根本さん、いつも投稿ありがとうございます。根本さんの画像は毎回注目度が非常に高く、掲載するたびにアクセス数がグーンと上がります。都内で撮影されていること、QBPフィルターを使用していること、撮影技術が高いこと、など注目を浴びる要素は多数ありますが、何より根本さんの写真センスの良さが皆さんを惹きつけるのだと思います。今後の作品も楽しみにしております。

P.S. シュミットのCP+2019展示品セールのページはこちらから。3/15正午スタートです!ご来店でもOKですが全て1点ものにつきご注意ください。また、大きな製品は店頭にないものもありますのでご注意ください。お目当てのものが無かったとしてもお店の周囲には魅力的なポイントがたくさんあります。シュミット周辺の名所案内はこちらから。今回のセール品の中にはLAOWAもあります。
cpplus

P.S.2 私がサイトロンジャパンに入社してから3か月、ブログを開始してから2か月が立ちました。お陰様で楽しく仕事をさせていただいております。ありがたいことです。今後も本ブログでは今の自分にしか出来ない情報発信を心掛けていきたいと思っています。来週は通院等が重なり、大変申し訳ありませんがブログの更新が滞りがちになるかと思いますが、何卒ご了承いただければ幸いです。

s_P5950439
LAOWAの最新カタログにも中川光学研究室ブログのアピールがされました!有難いことです。昨日のアクセス数もまたまた過去最高を更新しました。ありがとうございます。

P.S.3 本ブログでも何回も書いておりますが、空や星と対話する重要性に注目が集まっています。その対話の道具としては肉眼が基本ではありますが、双眼鏡望遠鏡があるとより対話がしやすいかと思います。弊社の製品はお求めやすい価格~マニア向けまで幅広くラインナップされています。今回のCP+2019展示品セールをご利用いただくのもひとつの選択肢かと思います。この機会にご検討いただければ幸いです。