s_DSC04838
京成船橋駅~JR船橋駅を望む(窓越しの撮影)ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
左がJR船橋駅、右が京成船橋駅です。以前、京成船橋駅には開かずの踏切がありました。高架になったのは2006年頃だったと思います。実家の遺品を整理していたら、1980年代の貴重な京成船橋駅の写真が出てきて懐かしさで見入ってしまいましたが、船橋市の情報サイトにも懐かしい写真がアップされていました。

s_DSC04839
京成船橋駅前(窓越しの撮影)ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
今から考えると当時(1980年代~)からもっと駅前の写真を撮っておけば良かったと後悔しています。でも当時はこんなに短期間に劇的に変わるとは思いませんから、いつでも撮れると思っていました。

s_DSC04842
京成船橋駅の南側の商店街 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
そう考えると、今すぐに撮影するのが最善ということになります。今の街の姿は今しか撮れない。その姿をなるべく少ない枚数で記録しようとすると超広角で歪みの少ないLAOWAという選択肢が出てくるわけです。

s_DSC04844
京成船橋駅の南側の商店街 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
学生の頃、お世話になった「ライオンカメラ」が上の写真の高層マンションの下のあたりにあったと記憶しています。ここでペンタックスSPFや現像引伸し用品一式を揃えたものです。鍵冨店長お元気でしょうか?

s_DSC04845
京成船橋駅南側の商店街 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
昔、確かこの辺りに十字屋百貨店があったはず。やはり撮っておけば良かった。今私が考えているのは、現在の駅前をとにかく記録する。10年、20年経つと必ず価値が出てくる。そうしたら、その駅前で懐かしの写真展を開く。そうすると、同世代の人が集まり懐かしさから喜んでくれる。それを様々な駅で行うだけで社会との接点が長く保てるのではないか?と勝手に想像しています。

P.S. 船橋の記事は本ブログでは過去2回登場しています。まず、太宰治と船橋の記事はこちら。記事で紹介した太宰治ゆかりの地はすぐ上の写真でいうと手前側にあります。もうひとつは船橋で撮影した天体写真(M42)の記事はこちら。同じ船橋でもだいぶ北の方ではありますが、QBPフィルターを使うとこんなに良く写るという良い見本だと思います。QBPフィルターは現在即納です。

P.S.2 またテレビの話で恐縮ですが、テレビが大好きなのでご容赦ください。仕事から帰ってから毎晩の楽しみにしていた「俺たちの旅」というドラマ(2/10のブログで紹介済・tvk22時~月火水)の最終回がいよいよ近づいてきました。高校生の時の夏休みの平日14時~再放送をしていて、欠かさず見ていた思い出とも重なり何回も見ても飽きません。1975年撮影当時の吉祥寺の街並みも昭和レトロでたまりません。ドラマ中で使われている音楽も最高です。見逃している方は最後だけでもご覧ください。
cpplus

P.S.3 追加情報です。3/18、3/19の本ブログの更新はありません。ご容赦ください。3/16放送のNHKBSの体感!グレートネイチャー「大追跡!究極のオーロラ~カナダ8000㎞を行く」では素晴らしいオーロラの映像と共に背景の星空の美しさに目をひかれました。こう毎日星空の映像を見せられると刺激を受ける一般の方も増えるのでは?と期待が高まります。