s__1060979
ステラスキャンシリーズとLAOWAレンズたち
ステラスキャン2×40MONO (右中):口径40mm倍率2倍の単眼鏡
ステラスキャン2×40(右下):口径40mm倍率2倍の星空オペラグラス
◎フジX-M1+LAOWA9/2.8(右奥):フジXシリーズと相性抜群
◎パナソニックGM1S+LAOWA7.5/2(左):マイクロフォーサーズ用で最広角

s__1060996
ステラスキャンシリーズとLAOWAレンズたち
ステラスキャン2×40MONO (左):ポケットに星空を!実視界24度。
ステラスキャン2×40(右):明るくて広視界!星座が良く見える。
◎フジX-M1+LAOWA9/2.8(右奥):明るくコンパクトな超広角レンズ
◎パナソニックGM1S+LAOWA7.5/2(左奥):超広角で明るいF2

s__1070020
ステラスキャン2×40 
◎本製品のスペック:口径40mm●倍率2倍●全面マルチコート●アイレリーフ10mm●最短合焦距離2m●実視界24度●重量230g●セミハードケース付●アルミ製筐体●本製品の詳細はこちらから

s__1070024
ステラスキャン2×40
星座を見るために開発された双眼鏡。倍率は2倍なので実視界は何と24度。オリオン座がすっぽりと入るほどの視野の広さです。肉眼では辛うじて見えるか見えないか?という星座もステラスキャンなら口径40mmの威力でクッキリと見えます。望遠鏡で導入する前の確認用としても重宝します。

s__1070039
ステラスキャン2×40MONO
このレンズを通すと肉眼で見えない星が見えてきます。「こんなところにもこんなに星があったのか!」と驚きます。MONOは単眼鏡なのでさらに軽量でわずか110gです。これから見頃を迎える夏の天の川の探索や流星観察にも最適です。東京オリンピックまであと500日。夜間の観戦用としても大いに役立つと思います。

s__1070040
 ★ステラスキャン2×40MONO
レンズには全面マルチコート済。何といっても口径40mmの集光力により、星空だけではなく暗い所でも威力を発揮します。瞳径も大きいので目への負担も最小です。ステラスキャンのおすすめポイントをコンパクトにまとめたビックカメラの名物案内人玉川さんの動画はこちらから。

P.S.  ここのところテレビで宇宙関連の番組が毎日のように放送されています。これは星や宇宙に関心が高まっている証拠だと思いますが、私としてはさらに進んだ解釈をしています。それは、単なる宇宙ブームではなく、時代が求めているというか遺伝子が求めているという面があると思うのです。

P.S.2 先日のテレビ番組の中でも「星を見ることは自分を知ることと同じ」「地球を知ることは自分を知ること」「宇宙に目を向けて、今ここにいることの奇跡を実感する」という言葉が語られました。これはグローバルという枠を超えた宇宙という枠で考えなくては、今後人類が生き残れないのではないか?ということを示唆しているものと解釈しています。→またまたTV番組情報です。NHKコズミックフロント3/14(木)22時~です。毎回充実の内容です。

P.S.3 というわけで、私も単に製品をおすすめするだけでなく、星を見るという行為の裏にある意味などを皆さんと一緒に考えて、そのお手伝いができる機材をご紹介できるように努めてまいりたいと考えております。今回のステラスキャンはその意味では最適な道具のひとつかと思います。

P.S.4 今日は上弦の月です。望遠鏡をお持ちの方は月面Xが見られるかも(今月はあまり条件は良くありませんが)しれません。最近は月面X以外にも月面L,O,V,E月面グーまで発見?されていて、ますます月を見る楽しみが広がっています。  

P.S.5 ◆◆◆CP+展示品セール◆◆◆

CP+2019ではサイトロンジャパンLAOWAKAMLANのブースへたくさんの方にご来場いただきました。皆様ありがとうございました。シュミットでは感謝の気持ちを込めて恒例のCP+展示品セールを開催致します。 

各商品1点限りです。万一売り切れの際は何卒ご容赦くださいませ。セール期間中でも在庫が無くなり次第終了となります。また店頭販売等もいたしておりますので、ネット上でご注文いただいても売り切れの場合がございます。予めご了承ください。3月15日(金)正午より開始いたします。お楽しみに 
→ご来店される方はシュミット周辺の名所案内も合わせて参考にしていただければ嬉しく思います。

P.S.6 追加情報です。今日3/14はアインシュタイン生誕140周年で数学の日&円周率の日(3.14…)だそうです。また、ホーキング博士の1周忌だそうです。知りませんでした。