s_DSC04662
京成線お花茶屋駅前 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
BORG時代には事務所が何度も引っ越ししました。親会社が大きいこともあり、組織変更や会社の統合などが頻繁にあり、一時期このお花茶屋駅近くに事務所があった時代もありました。懐かしくてLAOWA持参で再訪問しました。
s_DSC04663
京成線お花茶屋駅前 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
駅前は少しだけ商店街があります。天文関係では葛飾区郷土と天文の博物館の最寄り駅でもあります。
ここのプラネタリウムはリニューアルしたばかりです。天文関係の展示やイベントだけでなく、郷土関連の展示やイベントも充実しているのが大きな特徴です。

s_DSC04732
京成青砥~立石間 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
お花茶屋駅の隣が青砥駅です。青砥駅から立石駅(写真奥)に向かって高架が伸びますが、現在この高架は立石駅の直前で地上に降ります。この画像、完全な逆光ですが、ほぼゴーストもフレアも皆無です。太陽の光条もきれいに出ています。これを経験すると他のレンズが使いにくくなってきます。

s_DSC04742
京成立石~四ツ木間 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
ここもいずれ高架になり風景が一変します。撮るなら今です。この画像も逆光ですが、この通りの描写ですので、後はリサイズするのみです。電車と線路と踏切と風景が同時に写せなくなる日が来る前に立石は行くべき街だと思います。

s_DSC04759
京成立石~四ツ木間 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
この角度ではゴーストが出ました。この踏切もいずれなくなる運命です。踏切ファンにとってはすぐに撮影に踏み切るべきです。それにしても歪みのないレンズです。

s_DSC04766
京成立石~四ツ木間 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
この踏切はすでに工事中です。フルサイズで焦点距離15mmだと画角が110度もあるので、このように端に電柱をさりげなく入れて住所表記を記録しておくと後で同定がしやすいです。歪みが少ないレンズだと写野の端に入れる抵抗感が薄れます。

s_DSC04741
京成立体交差案内図 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
撮影者の私が写りこんでいます。案内図は少し見にくいですが、工事の区間などが記されています。上でもご紹介した葛飾区郷土と天文の博物館では3/31に立石関連のイベントがあります。立石の写真展も3/31~開催です。これは見逃せません!

s__1060979
次回以降のブログ予告編
◎双眼鏡編その2:ステラスキャンのご紹介(写真手前)
LAOWA7.5mmF2(マイクロフォーサーズ用)の製品紹介(写真左)
LAOWA9mmF2.8の製品紹介(写真右奥)

P.S. BORG情報です。長期品切れしていた補正レンズマルチフラットナー1.08×DG【7108】と1.4倍テレコンバーターGR【7215】がメーカー入荷したそうです。シュミットでもご注文をお受けしております。私が言うのも何ですが、この補正レンズは非常に優秀です。

P.S.2 お詫びです。本ブログへのアドレスが間違っていた箇所がありましたので訂正致します。正しくは以下のアドレスになります。ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ありませんでした。→nakagawa@sightron.co.jp※@は必ず小文字に変換  本ブログへの投稿規定はこちらから。

P.S.3 追加情報です。また宇宙関連のTV番組情報です。本日13日20時~22時まで、TBSで「宇宙プロジェクト2019」が放送中です。アポロ11号着陸から50年になります。※セレストロンの望遠鏡が画面に登場しました!