s_DSC06208
ヨーカ堂たまプラーザ店と雲 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
たまプラーザ駅北口のすぐ近くにあるヨーカ堂です。以前は店内の入口近くにカメラ屋さんがあって天体望遠鏡も置いてあった時期もあったのですが、閉店してしまいました。この日は今にも泣き出しそうな雲行き。こんな時にソニーの絵画調HDRは威力を発揮してくれます。さらにLAOWAの超広角レンズがあれば最強です。広範囲の雲の記録にも役に立ちます。

s_DSC06212
たまプラーザテラスと東急百貨店たまプラーザ店 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
写真左側が駅方向です。右が東急百貨店になります。以前はこの中に大きな模型屋さんがあったのですが、なくなってしまいました。東急百貨店の隣にヨーカ堂があります。買い物には非常に便利なところです。

s_DSC06214
たまプラーザテラスとたまプラーザ駅と雲 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
駅は写真左側です。LAOWA15/2はソニーFEマウント(フルサイズ)専用レンズなので、当然ソニーとの相性は抜群です。昨日のネットでソニー一強かという記事もありましたが、使ってみるとソニーのフルサイズデジカメは何かと優れた点を有しています。今回のCP+の弊社ブースはそのソニーブースの真ん前です。

s_DSC06215
たまプラーザ駅北口 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
駅前は週末に車の展示や食べ物のイベントが行われることもあります。LAOWA15/2の良い点のひとつは1枚で駅前の風景全体が写しとれることです。

s_DSC05717
JA横浜たまプラーザ支店 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇 
インパクトのある目印としてもみ殻をイメージしたオブジェがJAの店頭に置いてあります。

s_DSC05800
元石川郵政宿舎と給水塔 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
元石川郵政宿舎はすでに閉鎖されており、再開発を待っているようです。ランドマークとして古い給水塔があり、給水塔マニアの間では有名のようです。

s_DSC05779
元石川郵政宿舎 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
以前は郵政省の宿舎として賑わったようですが、少し前に閉鎖になり近く取り壊されるようです。このような古い団地の記録も今のうちにしておかないと、気が付いたらなくなっていたということもままあります。

s_DSC05790
元石川郵政宿舎 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 絵画調HDR 撮影:中川昇
LAOWAの超広角レンズで撮影するメリットのひとつとしては、撮影時にあまり認識していない風景が写っていることにより、メインの建物と周囲の風景との関係性が良くわかることが挙げられます。看板なども出来るだけ入れておきましょう。

P.S.  さて、再度のお知らせになりますが、LAOWAのレンズをご検討中の方はCP+2019のLAOWAブースにぜひお越しください。カメラマンによるセミナーも連日予定しています。

P.S.2  こちらも再度の告知になりますが、CP+2019では都会での天体写真撮影に大人気のQBPフィルターのセミナー(根本泰人先生)も行われます。こちらのセミナーは3/3(日)のみです。ご注意ください。先日の2/17天体写真講習会の記事(アストロアーツ)はこちら

P.S.3  弊社は、CP+2019ではフォトアクセサリーアウトレットにも出展しています。こちらもお見逃しなく。日本最大の写真の祭典と横浜をぜひお楽しみください。お待ちしております!

P.S.4  CP+2019のセレストロンの展示品では「RASA8」が展示される予定です。中川は主にLAOWAのブースに2/28、3/1、3/3の3日間在中している予定です。BORGのお客様もぜひお越しください。お待ちしております。

P.S.5 追加情報1です。「RASA鏡筒」と言えば先日もご紹介しましたが、アマチュア用望遠鏡で太陽系の果てに惑星の材料を発見、という記事の中で口径28cmの望遠鏡と紹介されたのがRASA11でした。さらにこちらのTwitterでもRASAが紹介されています。

P.S.6 追加情報2です。CP+2019のTwitterはこちらから。最新情報が満載でとても役に立ちます。先日こちらでご紹介した日本丸以外にも、会場周辺では東京オリンピックに向けて建設ラッシュのようです。今しか撮れない工事中の写真も目当てにぜひ年に一度の祭典CP+2019にお越しください。

cpplus2019_banner_180180_j