s_DSCF8013
池袋・東京芸術劇場の中から フジXT-2+LAOWA9/2.8 撮影:中川昇
まるで鳥が羽を広げたような光景が池袋駅から徒歩数分で見えるとは…。池袋駅からシュミットの最寄り駅のひとつである「西武池袋線の東長崎駅」まではわずか2駅。時間にしてたったの5分です。ただし、「西武池袋線の東長崎駅」~シュミットまでが徒歩10~15分かかります。途中面白い商店街などもあるので、私は苦になりませんが、やや微妙な距離ではあります。

s_DSCF7994
池袋・東京芸術劇場 フジXT-2+LAOWA9/2.8 撮影:中川昇
でもシュミットの行きか帰りに池袋に寄り道するとこんな光景に出会えます。LAOWA9/2.8を持って街を歩くと今まで気が付かなかった風景に出会います。東京芸術劇場は外観も実に超広角レンズ向きです。建物の中に入ること自体は無料です。中には飲食店やグッズショップや休憩スペースもあります。

s_DSCF8016
工事中の池袋西口公園 フジXT-2+LAOWA9/2.8 撮影:中川昇
東京芸術劇場の隣の公園はかなり大規模な工事をしていました。後で調べると「日本初の劇場公園」を目指してリニューアル中だそうです。完成するとなかなか面白い公園になりそうです。詳細はこちらから。工事中の様子と背景のビル群の様子を一遍に記録するのには超広角レンズが不可欠です。

s_DSCF8020
工事中の池袋西口公園 フジXT-2+LAOWA9/2.8 撮影:中川昇
オブジェの後方にはビックカメラ様も。現在は撮影時(2018/12/26)よりもさらに工事が進展しているものと思われます。東京タワー建設中の写真などを見ていると、こういった工事の過程の記録は後で価値が出てくるものです。

P.S. 池袋といえば、プラネタリウムを忘れてはいけません。「コニカミノルタプラネタウム満天」のことです。2018年6月にリニューアルしたばかりなので、「ここでしか体験できない本当の夜の姿」が味わえるようです。詳細はこちらから。私のサンシャインプラネタリウム(2003年閉館)の思い出といえば、サンシャインプラネタリウム主催の天体写真コンテストで入選したこととビクセン入社直後の1984年4月に屋上で「天体のみの市」を開催したことです。懐かしい~。

P.S.2 昨日アップした根本さんの散光星雲の作例はさすがにインパクトがあったようで、今月最多のアクセスがありました。ありがとうございました。17日の講習会(すでに満席)が楽しみです。

P.S.3 今年はアポロ11号月面着陸50年ということで、「アポロ11号」や「アームストロング船長」が注目されているようです。先週2/8に全国公開された映画「ファーストマン」もその流れと思います。1969年7月当時、私は7歳でしたのでテレビの生中継をリアルタイムで見たことを鮮明に覚えています。この話を若い人にすると結構羨ましがられます。

P.S.4 昨日の月面Xですが、BORG時代から大変お世話になっている東田さんのTwitterに画像が上がっていました。こちらから。東田さんとは同じ月面写真仲間としてこれからも本ブログにたびたび登場することになるかと思います。

P.S.5 追加情報です。LAOWAの新製品情報です。いかにもLAOWAらしい24mmの虫の目レンズです。
laowa24mmF14mp01

laowa24mmF14mp02
詳細はこちらから。発売日は本日2月13日発売です。最近のLAOWAの勢いには目覚ましいものがあります。