s_P5950012
■東京都指定名勝 哲学堂公園
シュミット及びサイトロンジャパンシールームから歩いて10分ほどにある有名な公園です。私も名前は知っていましたが、一度も訪れたことはありませんでした。社内でも聞いてみたところ、行ったことのある人は意外と少なかったのですが、実はこの公園、「宇宙」と深い関係のある公園だったのです。
s_P5950015
■哲学堂公園77か所巡りマップ
有料のガイドマップですが、内容が濃いので売店で思わず買ってしまいました。ガイドマップによると「哲学者で東洋大学の創立者である井上円了(1858~1919)によって哲学や社会教育の場として1904年に創立された」そうです。115年も経っている歴史ある公園です。シュミットは上の地図でいうと右上に位置します。
s_DSC06271
■哲学堂公園の入口のひとつ ソニーα7R+LAOWA15mmF2 撮影:中川昇
入口はなんと8か所もあります。園内には季節の花があり、梅や桜が咲き誇ります。様々なイベントも行われています。シュミットの場所は新宿区、公園の場所は中野区ですが実はかなり近いのです。
s_DSC06303
■哲学堂公園77か所巡り:六賢台(ろっけんだい) ソニーα7R+LAOWA15mmF2 撮影:中川昇
ガイドマップによると「聖徳太子、菅原道真、荘子、朱子、龍樹、迦毘羅の6人を東洋の賢人として祀っています。」とのことです。非常に絵になる建物です。LAOWAの特徴として逆光に強いことが挙げられます。逆光の作例はたくさんあるので後日アップ予定です。光条もきれいに出ます。
s_DSC06263
■哲学堂公園77か所案内図1 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 撮影:中川昇
公園の入り口には77か所の番号と名称と場所が分かる地図があります。公園の池にはカワセミがいました。地図にある曲がりくねった川は妙正寺川といいます。ここにもカワセミがいました。
s_DSC06262
■哲学堂公園77か所案内図2 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 撮影:中川昇
上の案内図のアップです。73,74,75番をご覧ください。他にも物理学に関するスポットも散見されます。撮影者の私がガラスに映り込んでいるのが分かりますでしょうか?
s_DSC06260
■哲学堂公園77か所巡り:宇宙館工事中 ソニーα7R+LAOWA15mmF2 撮影:中川昇
最初に哲学堂に足を踏み入れて目に留まったのがこの「宇宙館」です。「えっ!公園に宇宙館?」と驚き、案内図をよく見ると修復中の宇宙館が確かにあるのです。ガイドマップによると、「哲学は宇宙の真理を探究する学問であることから、哲学上の講話、または講習会を開催するための講義室です。」とのことです。修復中の宇宙館を見られるのは今だけです。
s_DSC06311
■哲学堂公園77か所巡り:六賢台(ろっけんだい) α7R+LAOWA15mmF2 撮影:中川昇 
上でも紹介しましたが、哲学堂のシンボル的な建物です。公園内は樹木が多く癒されます。ベンチも多いので休みながらゆっくりと回ることが可能です。この写真も何気に太陽が映り込んでいます。
s_DSC06363
■哲学堂公園77か所巡り:望遠橋(ぼうえんきょう)ソニーα7R+LAOWA15mmF2 撮影:中川昇
この石碑が今回の記事の最大のポイントです。ガイドマップによると望遠橋は「妙正寺川にかかる橋で、遠くの世界まで観察する道具」とあります。まさに望遠鏡のことです。シュミットやショールームが今の場所に移転してきたのはまさに運命だったのかもしれません。この望遠橋の石碑は少し分かりにくい場所にありますが、その分発見した時の喜びはひとしおです。
DSC06293r
■哲学堂公園77か所巡り:星界洲(せいかいす)ソニーα7R+LAOWA15mmF2 撮影:中川昇
ガイドマップによると星界洲は「川の対岸の地域を星の世界に例えて表しています。」とのことです。川は上でもご紹介した妙正寺川のことで、その対岸(写真奥)とはまさにシュミットやショールームのある地域を示しています。このことも今の場所に移転してくる運命にあったということかもしれません。
DSC06295r
■哲学堂公園77か所巡り:半月臺(はんげつだい)ソニーα7R+LAOWA15mmF2 撮影:中川昇
ガイドマップによると半月臺とは「その星界洲の中に月が見えることから、その月を半月で表しています。」というわけで、月が大好きな私がサイトロンに入ったのも運命だったのかもしれません。

P.S.というわけで1/9のブログに書いた「石碑の謎」は以上のようなことになります。この撮影をした日はLAOWAの魔力でテンションが上がり、さらに石碑の謎が解けて「そういうことだったのか!」と興奮しまくった1日でした。

P.S.2 その他にもシュミットやショールームのある新宿区西落合付近は非常に多くの名所旧跡があります。例えば、野方配水塔(これは必見!シュミットから徒歩10分、後日紹介予定→1/21UP)、ホビーセンターカトー(鉄道模型KATOのサービスセンター、シュミットから徒歩5分、後日紹介予定→1/ 22UP)、林芙美子記念館(シュミットから徒歩20分)、トキワ荘(漫画の聖地、シュミットから徒歩10分、後日紹介予定→1/22UP)、東長崎商店街、中井商店街などなど昭和のテイストたっぷりのディープで魅力のある名所がたくさんあります。

P.S.3 建設中の国立競技場(建設中を撮るには今がチャンス!後日紹介予定→1/25UP)も大江戸線上にあります。LAOWAの当日レンタルに適した近場の被写体には事欠きません。ぜひ明日の土曜日は散歩のついでにシュミットを訪問されてはいかがでしょうか?最新ニュースとしては人気のLAOWA10-18mmのレンタルも開始!

※中川は平日勤務なので土曜日は不在です。中川のプロフィールがよくわかるアストロアーツの連載記事はこちらから。シュミットのサイトはこちら。LAOWAのレンタルの情報はこちら